妻が友人に誘うことを許可してしまって後悔でたまらない

午後8時から11時までの3時間。

妻と長谷川がホテルに入っていた時間です。
出張中、ということになっていた私は、ホテルのそばの喫茶店でまんじりともせず、妻達が出てくるのを待っていたのでした。

手を引かれ、妻がホテルに入ったとき、あんな約束をするのではなかったと後悔しましたが、後の祭りでした。

3時間は気が遠くなるほど長い時間でした。待っている間中、妻が蹂躙される姿が浮かんできて胸が苦しくなりました。
同時に興奮している自分がいました。

身長が190センチ近く、アメリカンフットボールをやっていた筋肉質の長谷川の体に押しつぶされそうになって犯される華奢な妻。

子持ちの人妻でないと入らない、と豪語していた巨大なペニスが妻の膣を貫き、えぐる。

「人の奥さんを貪り尽くすのがたまらん」と彼から何度も聞いた武勇伝と同じように私の妻が貪られているのか・・。

「一度ホテルに連れ込んだら穴という穴を楽しむんだよ」

「人妻とのディープキス、唾液交換がたまらんよ。俺の唾液を口に、精液を膣に送り込むと征服欲が満たされるんだよな」

「気持ちいいのはローションプレイ。夫とはほとんど経験ない人妻ばかりだしね。恥ずかしがりながらすごい興奮してるんだよね。」

「中出ししたあとは必ずひざを抱えて鏡の前で開帳させるんだよ。
我ながらものすごい量のザーメンが奥さんの膣から流れ出てくるのは興奮するぜ。
奥さん達にも牝が牡にやられた痕跡をハッキリ見せて、お前は俺のものだ、 と分からせることができるしね」

「ホテルにあるゴムは俺のには入らんし、生が好きなんだよね。
しかしそろそろ考えないと、孕ませたのもとうとう二桁になったよ。
産んでくれる分にはいいけど、たいがい中絶だし、あまり気持ちいいもんではないよな。」

「一度寝た女はだいたいものになるね。」

日頃聞いていた長谷川の言葉が頭をぐるぐるとよぎっていました。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>